不用品買取業者を利用する時に把握するべき買取価格

不用品回収ならおまかせ

買取価格の変化

・アルミ缶、スチール缶、古紙類などの不用品買取は、価格が大きく変動することがとても多いので注意が必要である。(例を上げると、2008年に北京オリンピックが開催された。その時のアルミ缶1キログラム当たり160〜170円であったが、数か月後、やはりアルミ缶の価値が大暴落し、1キログラム当たり65円程度に落ち着いた。) ・また、不用品買取の分野で、生活できるほど稼ぐには、アルミ缶で計算すると、最低限350ml缶が約500本必要となるので、まず、不用品買取の分野だけで生活するのは基本無理である。(ここで空き缶ゴミの日にゴミステーションから空き缶を持って帰ったり、古紙回収の日に置いてある古紙類を持って帰るのは見つかってしまったら、窃盗罪で刑事告発される可能性があるのでやめたほうがいい。) ・あと、古紙類は2015年現在もうほとんどお金になることは少ない。売れても1キログラム当たり1〜3円がいいところである。むしろ、こちら側からお金を払って処理してもらうことのほうが多い。よって不用品買取の分野において、古紙類を回収するのは非常にナンセンスである。

・先述した通り、2015年現在資源ごみ買取で金になるのは、せいぜいアルミ缶ぐらいである。スチール缶も売れないことはないのだが、1キログラム当たり5円〜高くてもせいぜい10円が限界であるので2015年現在1キログラム当たり75〜90円で売れるアルミ缶がやはり1番効率がいいと思われる。 ・また、空き缶の場合あらかじめプレス加工しておくと1キログラム当たりの価格が5〜7円増してくれる業者も少なくない。よってできるならあらかじめプレス加工したほうがいい。 ・また、買い取り業者の中には、100キログラムから買い取りのところもあるのであらかじめチェックしておいたほうがいいと思われる。 ・中には、市が買取するところもあるみたいだが、大抵の場合個人買取業者に売り渡す方が高く売れる。 以上の点を気をつけていただければまず問題はないと思われるので不用品買取の際は、この点を覚えていただいてもらえれば幸いだ。

Copyright © 2015 不用品買取業者を利用する時に把握するべき買取価格 all reserved.